Lino e Lina Staff blog MY LINEN LIFE

リネンは、繊維の特性上、汚れが付きにくい上に、乾きやすく衛生的なので、キッチンにぴったり。Lino e Linaでも人気のアイテムです。

キッチンクロスは程よい大きさがあるので、お皿や手拭き以外にも、実は色々な使い方ができます。半分におれば、ランチョンマットになるし、ポットマットや鍋敷き代わりにも使えます。あと便利なのが、お弁当包みです!1人分のお弁当から、家族用の大きめのお弁当箱も、すっぽり包めてしまいます。

季節や毎日の気分に合わせて、手軽に雰囲気をかえられるので、何枚あっても嬉しいアイテムです。家族で色違いで揃えてみても、楽しいです。

キッチンクロス エコリエ

グレイのラインがアクセントカラーの可愛いチェック柄。 大人っぽさを兼ね備えた可愛らしさ。

麻が好きな私は、毎年春になるこの時期、家のタオルを少しづつ、リネンに切り替えています。「日常使いにしては少し贅沢かな?」と思っても、リネン素材はとても丈夫で長いものは10年ほど使っています。そのタオルは年々しっくり、私の生活の一部になってくれています。

洗面所にさらりと置いておくだけで、なんとなく様になるリネンタオル。「リーノ・エ・リーナ」でご用意しているタオルは、もちろんリネン100%。吸水性も速乾性も抜群です。

軽くてかさばらないのですっきり収納できる上、旅行のカバンに小さく忍ばすこともできるのも、リネンタオルならではの嬉しいポイントです。

バスタオル ワッフル

見た目も肌触りもやさしい印象の細かなワッフル織が施されたタオル。日常使いはもちろん、来客用にもぴったりなシンプルなデザインです。

ハンドペイント、ハンドプリントが特徴のベルトッツィに、海のように深い青「インダコ スクーロ」が、新色として登場しました。ベルトッツィは、すべての製品を手作業で模様づけしているため、独特の” かすれ” ” にじみ” ” むら” が印象的なブランドです。手仕事の温もりが心地良く、使い込むほどにその味わいが増していきます。

そんなベルトッツィのスタートは、なんと約100年も前。工房を構えるイタリアのボローニャ近郊の地域では、ルネサンス期に、手彫りの木版にインクをつけてリネンに柄をつけるハンドプリント技法が栄えました。ベルトッツィは今なおその伝統技術を守りながら、現代的でアーティスティックな商品作りを試みています。

伝統とモダンを融合しながら継承し続けるベルトッツィは、新しいモノがあふれるこの時代だからこそ、より貴重なブランドだと感じます。

ベルトッツィ インダコスクーロ

海のように深い青「インダコ スクーロ」が登場しました。

卒業や転勤、引っ越しなど、新しい出発の季節になりました。新たな門出をお祝いするための、春は贈り物の季節です。

何を贈れば喜ばれるだろう?と、私もよく頭を悩ませるのですが、こんな時はやっぱり、日常にそっと寄り添うものが良いのかなと思っています。

この時期ならではのフレッシュな空気に触れていると、自分も気持ちを新たにできる気がして、私はこの季節がとても好きです。

ハンカチ

柔らかな肌触りで一度使ったら何枚でも欲しくなる、
リネン100%のハンカチ。

まだ少し寒い時期は続いていますが、自由が丘の桜のつぼみもふくらみ始め、日差しには春の気配が感じられるようになってきました。

Lino e Linaで人気のマノン・ハットにも、新色ブルーが登場しました。気分を明るくしてくれる華やかなカラー、ファッションの差し色に取り入れてみてはいかがでしょうか?

マノンのハットは日焼け対策にも最適です。紫外線は3月になると、冬場の3倍にもなるのだとか。リネン100%なので気軽に洗濯もできますし、汗をたくさんかく真夏にも大活躍する優秀なアイテムです。

ハット マノン ミノルカブルー

通気性がよく、汗の吸収がよく乾きの早い麻の帽子は、かぶった時の感触がさわやか。ご自宅でのお洗濯ができるので、多少の汚れも安心です。

幼稚園や保育園の入園準備に忙しい時期になりました。毎日使うものだから、使いやすいことが一番ですが、子どもが感性を育む時期でもあるので、感覚や記憶に少しでも訴えるものであったら良いなと思います。

私は、子どもの保育園での手拭きタオルに、マノンのキッチンクロスを使っています。正方形をしていて、ストラップもついている上、とても厚手なので、手拭きタオルにぴったりなんです!

子どもが“楽しい”と感じてくれるような、華やかなカラーも嬉しいポイント。ワンポイントに、ワッペンをつけてあげるだけで、子どもも、とても喜んでいます。

キッチンクロス マノン ミモザ

45×45cmというサイズも魅力的。
華やかながら、品の良い黄色が人気のカラーです。

大ざっぱな夫と私の2人が暮らす我が家。片づけについて毎回きっちりルールを決めても、1か月経たないうちに元の状態に戻ってしまいます。

そんな我が家では、ざっくりとした収納にキッチンクロスが大活躍。薬、化粧品…と何を入れるかだけを決めたかごやボックスに、さっとクロスをかぶせるだけで、ごちゃごちゃした感じがなくなります。これなら旦那さんも続けられる様子。クロスを変えるだけで、部屋の模様替えにもなるのでとても便利です。

キッチンクロス シレーヌ

綺麗な配色がはっと目を惹くキッチンクロス。 存在感があるので、テーブルコーディネートにも。

2月になり、少しづつですが日も延びて、春が待ち遠しく感じます。Lino e Linaでも、お待ち兼ねの新作がついに出ました!

今回は、深海ブルーをテーマに、キッチン、インテリアのアイテムからお洋服まで、たくさんの新作が登場します。オンラインショップでも、随時アップしてまいりますので、これからどうぞお楽しみに!

フルエプロン マノン ミノルカブルー

シンプルでスタイルがよく見える大人気のエプロン。
柔らかなリネンが体にしなやかにフィット。

キッチンクロス マノン ミノルカブルー

45×45cmというサイズも魅力的。
おにぎりやお弁当を包んだりと何かと重宝するのです。

#1703

節分

季節の分かれ目は、邪気が入りやすいことから始まった、“豆まき”。私は東京で育ったので、父がいつもつくる柊鰯と豆まきが、我が家の節分でした。地域によって様々な習慣があるようで、今では誰もが知っている太巻きや、場所によっては、こんにゃくや蕎麦、くじらなどを食べるところもあるそうです。

フランス人のスタッフと節分の話をしていて、知ったこと。なんと、フランスにも節分があるそうです!!フランスでは、毎年2月2日がシャンドルール(Chandeleur)という、日本でいう節分に似た日で、この日は家族の幸せを願いながら、クレープを食べるそうです!

地域の習慣を大切にしながらも、風習や伝統にこだわりすぎずに、ご家族で、“無病息災”を願うことが、何より大切なことのように思います。

キッチンクロス マノン ブルーパヴォーネ/ミモザ

深いブルーが印象的なキッチンクロス。便利なストラップ付きです。

暖かい空気はどうしても上にいってしまうので、お部屋であたたかく過ごすためには、足元をあたためることが大事だったりします。

そんな時おすすめなのが、ウールでできたブランケット。寝具や膝掛け、羽織りとしてしてはイメージがつきやすいと思いますが、実は、ラグ代わりにお部屋に敷くと、体の芯が冷えるようなそんな寒さを取り除いてくれます。

ロメのブランケットは暖かいだけではなく、天然素材なので、お子様も一緒に安心して使えます。デザインや色味も上質感たっぷりで、インテリアとしても映える存在です。

LHOMÉ ブランケット ルチアーノ

高級感のあるカラーとデザインが上質感たっぷりなので、贈り物としてもおすすめです。