Lino e Lina Staff blog MY LINEN LIFE

今日は東京でも雪が降りました。目の前に急に真冬がやってきたような不思議な感覚です。こんな寒い日は、冬の定番、温かいオーブン料理が食べたくなります。オーブン料理といえば、やっぱりお肉。今日は、お肉の選び方の基本を3つご紹介。

まず一番分かりやすいのは、「ドリップ(肉汁)」です。ドリップが少ないものほど鮮度が高いので、汁があまり出ていないものを選ぶと良いです。次は、「色」。牛肉は艶のある紅色、豚肉や鶏肉はピンクであることが、ポイントです。そして3つ目は「質感」です。どのお肉もきめの細かいものほど良く、肉質が柔らかいのです。

料理は素材が大切。少しでも良い食材を選んで、美味しいお料理をつくりたいものです!

ミトン バニエール

手を入れただけで、なんだかわくわくしてくるから不思議です。 ちょこんと置いておくだけでも絵になるミトンで、毎日のお料理タイムを楽しく。

ルネサンス時代からの伝統技術、木版を使ったハンドプリントが特徴のベルトッツィ(BERTOZZI)。そのベルトッツィから待望の新作が出ました。フォーク柄がユニークな、フォルケッテシリーズからの新色です。

今回の色は、ネーロ(NERO)。イタリア語で“黒”を意味します。黒といっても、やや青みがかった黒で、白地のリネンに映える、深く綺麗な色味です。
独特の存在感で、キッチンやインテリアをシックに彩る、そんな素敵な1枚です。

ランチョンマット フォルケッテ・ネーロ

爽やかな白リネンに並ぶ、色鮮やかなフォークが可愛らしいデザイン。

オーブン料理や煮込み料理が食べたくなるような寒さが続いています。そんな料理の必需品といえば、ハーブです。とりわけローズマリーは、お肉料理にとても合う豊かな香りが、家族みんなに人気。そんなに手入れをしなくても簡単に育ってくれるので、我が家でも、知らない間に大きくなっています。ハーブをこれから育ててみたいという方に、ぜひおすすめの品種です。

ローズマリーはフレッシュでもドライでも、様々な使い方ができるのですが、オイルに漬け込んで、ハーブオイルとして使うのもおすすめです。時間がなくても、ひと手間加えたような味に料理を仕上げてくれたり、ドレッシングとして使えたりと何かと便利。

ラテン語で「海のしずく」という学名をもつローズマリーは、その名の通り、綺麗な青い花も咲かせてくれるので、それも楽しみの1つです。

フルエプロン マノン フィグ

こっくりとした配色が魅力の大人のチェック。女性らしく、かつ深い色を組み合わせたチェック柄。

四角い愛らしいフォルムのこの商品、実は、キッチンミトンなんです。熱々のオーブン料理やお鍋をテーブルに運べる、便利なアイテム。そしてこのミトンの一番のポイントは、鍋敷きやポットマットとしても使えること!スクエアのデザインが、マットとしてもしっくりテーブルに馴染みます。

15×16㎝の小ぶりさは、キッチンでの収納にもとても便利ですし、吊り下げても可愛らしい。リネンでできているので、丈夫で長く使えます。

スクエアミトン バニエール

ストライプのタイプと無地のタイプから選べます。

#1618

いちじく

毎年この時期は、実家の母から、いちじくのコンポートが届きます。今年は、「会社の皆で食べてね。」とたくさん送ってくれました。

毎日慌ただしく生活していると、季節の移ろいさえも、時に感じられないようなこともあります。毎年同じ季節に、旬のものを、変わらぬ味で届けてくれることは、そんな忙しい日々にふと足を止めるきっかけになり、本当にありがたいものだと感じるようになりました。いつか私も、この味をつくれるようになりたいです。

プレザンス・キッチンクロス

ネイビーを基調とした格好良いキッチンクロス。スタイリッシュな雰囲気が魅力です。

#1617

旬のもの

お店の売り場も秋の食材がぐっと増え、いつもの買い物も楽しく感じます。旬のものをいただくことは、新鮮で栄養価が高いだけではなく、実は、その時期に起こりやすい体調不良をカバーする効能が、期待できる成分も多く含まれているのだそうです。さつま芋、栗、きのこ、サンマ・・・ちなみに秋は、胃腸の調子を整えてくれるものが多いそうです。

美味しい旬の食材を上手に食卓に取り入れながら、健康的にこれからの季節を楽しみたいものです。

ミラ・フルエプロン マゼンタ

マゼンタカラーが新鮮。首紐のブラウンが全体を引き締めます。

蒸し暑い日が続いていますが、街のショップはすっかり秋一色です。

リーノ・エ・リーナでも秋冬の新作がでました。今季はネイビーをテーマカラーにしており、こんなに素敵なキッチンクロスができました。もちろんwashed加工で、初めから手に馴染む柔らかさ。大きめのチェック柄が可愛らしく、発売から早速人気のキッチンクロスです。

モンレアル・キッチンクロス

大きめのチェック柄が可愛らしいキッチンクロス。ネイビーと調和した配色がどれも爽やか。

今週はずっと雨続きで、いつ太陽に会えるのだろうと、暗い空を見上げて、何度も思った1週間でした。そんな日は、まるでおまじないのように、私は、明るめのテーブルクロスをひき、ちょっとグリーンを飾ってみます。そして、ぽちっとラジオをつけます。そうすると、不思議なもので、ぐっと気分が晴れてやる気も出てきます。

美味しい珈琲をいれよう。昨日の本の続きを読もう。とりためてある映画を観よう。そんな風に自分のインプットの時間をつくれるのも、幸せなひとときです。

マノン・テーブルクロスL

洋食器はもちろん、和食器とも合わせやすく色々なテーブルセッティングを楽しめそう。テーブルクロスとしてはもちろん、マルチカバーとしてもおすすめです。

#1614

食欲の秋

植物の実が熟し、稲を刈る時期であることから、秋は、“食欲の秋”と言われるようになったそうです。とはいえ、美味しい食材がお店に並び、過ごしやすい気候が続くと、自然と食欲が増すのも大きな理由です!

夏が過ぎ去る寂しさもありますが、そんな旬の食材を活かして、ご自宅でお料理を楽しむのにも良い季節。お気に入りのキッチンアイテムで、日本ならではの四季を五感で楽しめたら幸せだなと思います。

シャンペトル・キッチンクロス

まるで霧がかった様な、鈍い黄色が品の良い雰囲気。 手に馴染むような柔らかさも◎

リネンでできたブランケットはさらっとした肌触りで、包まれるだけで本当に幸せな気持ちになるから不思議です。 夏場の寝具としては定番ですが、 実は、車や会社など、ちょっと肌寒い時の体温調節としても便利です。

そしてもう1つ、私たちがおすすめしたいのは、お子様用として。 天然素材なので安心して使えるのはもちろん、赤ちゃんのおくるみや御出産の贈り物としても人気があります。 コットン混合のタイプなら柔らかな質感なので、新生児期の赤ちゃんにも馴染みやすく、おすすめです。

マリベル・リネンケット

リネンとコットンの混紡により、ふっくらとした保温性のあるケットに仕上がりました。