Lino e Lina Staff blog MY LINEN LIFE

気づけば11月も後半になり、本格的に冬が近づいてきたなぁと感じる日々です。年末に向けて、何かと忙しくなるこの季節には、グラタンの登場回数が増える我が家。

野菜やお肉、シーフードなど好きな食材を入れられて、一皿でボリュームも栄養も満点な上に、洗い物も少ない手軽なメニュー。熱々トロトロのグラタンを頬張る瞬間は、寒さや忙しさを忘れ、何とも言えない幸せを感じるものです。

PILLIVUYT / スクエアローストディッシュ / 17.5 × 17.5cm / P139

1~2人前のオーブン料理に便利な、シンプルなデザインの四角い白い器。 オーブン料理の他、パスタやグリル料理、蒸し野菜など、焼き立てをそのまま器としてテーブルへ。 小さな持ち手が邪魔にならず、オーブンから出しやすくなっています。

自粛生活で毎日の食事がいっそう楽しみになり、エプロンをつけてキッチンに立つことが増えた気がします。

1日3回の食事を作っていると洗うことが増えるので、もう何枚か買い足そうかなと考えてるところ。

今使っているのは、被るだけで簡単に着られるエプロン”アニタ”。首紐が無く、肩に当たる部分も幅広で体への負担が少ないのでとっても助かっています。

エプロンは毎日使うものなので、自分にフィットしたものを使いたいですね。

Lino e Lina / フルエプロン アニタ ブラウンオーカー / A329

首が凝りにくい、ゆったりとした着心地 かぶるだけで着られるアニタは、紐で絞めつけないので首に負担がかかりません。 その上、肩紐が幅広なので肩も凝りにくい。

#2044

キッシュ

ある日突然キッシュが食べたくなり、ほうれん草とベーコンのキッシュを作りました。サクサクした食感で食べ応えがあって、焼き立てはもちろん冷めても美味しい、ワインにもよく合うフランスの家庭料理です。 

もともとはフランス北東部、ドイツとの国境近くのロレーヌ地方発祥。ロレーヌのキッシュは玉ねぎ、ベーコン、卵、クリームが入ったものがよく知られています。

同僚のフランス人曰く、パリの街中ではカフェやレストラン、パン屋やお惣菜店でキッシュが売られていて、お店ごとにアレンジされたキッシュが食べられるとのこと。キッシュを焼いているバターやチーズの香りが懐かしいと言っています。フランスを訪れたら、いろんなお店のキッシュを食べ歩いてみたいなと思いました。

Pillivuyt / プリッセ プレート / 22cm / P069

リムにプリーツのような繊細なラインが入った、使いやすいサイズ感の丸いお皿。 取り皿、デザート皿や、小さめのメイン皿としても便利な使い勝手の良さで、毎日活躍します。