Lino e Lina Staff blog MY LINEN LIFE

ハロウィンの飾り付けが秋らしい雰囲気を感じさせてくれるこの頃。今回はじゃがいもを使ったオーブン料理「グラタン・ドフィノワ」のレシピをご紹介します。

美味しく作るコツは2つ。じゃがいもを冷蔵保存して熟成させること。そして、スライスしたじゃがいもを水にさらさないこと。あえてでんぷん質を残すことで、ソースの粘度を出すためです。

焦げたチーズととろりとしたソースに、じゃがいもが絡まってとても美味しいので、ぜひお試し下さい。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

1.じゃがいもの皮をむいて、5mm厚さにスライス。ボウルに入れて塩をふたつまみ。

2.牛乳200mlと生クリーム60mlを加えて、全体に絡める。ナツメグも一緒に。

3.耐熱皿の内側にバターを塗り、ニンニクを半分に切って擦り付け、(2)を移す。

4.ボウルに残ったデンプンを牛乳70mlを入れて溶かし、じゃがいもにかける。

5.タイムと(3)で使ったニンニクの残りをスライスして散らし、強めの中火にかけて沸かす。

6.バターを塗ったアルミホイルで落し蓋をし、220℃のオーブンで30分。

7.途中で取り出したら生クリーム100mlを足して水分を補い、味見をしてお好みで塩を。8割火が入ったら取り出してニンニクを取り除く。

8.グリュイエールチーズで表面を覆ったら生クリーム65mlを上からかける。

9.220℃で7分。表面にカリッと焦げ目がつくまで焼く。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

材料(36cmのオーバル皿)

・オーブンにかけられる耐熱皿
・じゃがいも(できればメークイン系) 800g
・ナツメグ 適量
・タイム 適量
・バター 15g
・塩 5g(小さじ1)
・にんにく 1片
・牛乳 270ml
・生クリーム(乳脂肪分42%) 225ml
・グリュイエールチーズ(パルメザンでも可) 120g

PILLIVUYT / スクエアローストディッシュ / 17.5 × 17.5cm / P139

スクエアのシンプルな形が使いやすい、ローストディッシュ 1~2人前のオーブン料理に便利な、シンプルなデザインの四角い白い器。 オーブン料理の他、パスタやグリル料理、蒸し野菜など、焼き立てをそのまま器としてテーブルへ。

秋分を過ぎ、だんだんと一日が短くなってきました。部屋にも金木犀の香りが流れてきて、秋の訪れを感じますね。

季節の移り変わりを感じたことで、部屋の模様替えをしたくなりクッションカバーを替えてみたところ、それだけでぐっと秋っぽくなりました。薄手のリネンの手触りも気持ちよく、お部屋での時間をよりリラックスさせてくれますよ。

Lino e Lina / クッションカバー ソルベ レザン / 45 × 45cm / C81

さらりとした肌触りが癖になる、リネンのクッションカバー washed加工を施した、柔らかくナチュラルな素材感が魅力。 使い心地が良く、リビングでのくつろぎの時間にぴったりです。 リネンなので、汚れても、お気軽に洗っていただけます。

秋晴れの心地よい季節となりました。テレワークになって自宅に居る時間が増えた今、季節の移り変わりを味わうためにも、お花を飾るようにしています。

そこにあるだけで心を和ませてくれるお花。綺麗に咲く姿を見ていると、生きる力を感じさせてくれますね。

一輪だけで飾ったり、散った花びらを押し花にしたり、、お花は自由に楽しめます。最近ではお花の定期宅配もありますので、外出を控えている方はこういったサービスを利用しても良いかも知れませんね。

Bohemia Cristal / ウォーターフォール フラワーベース / H24.5cm / BC97

水が流れるような柔らかなデザインが美しい しずくのような、ゆったりとしたしなやかな曲線が、花の茎から花弁までの流れを美しく魅せ、より花や枝を引き立てます。 底が広いので水を入れると安定し、背の高い枝物やお花を飾っても倒れにくい。