Lino e Lina Staff blog MY LINEN LIFE

今年は暖冬と予測されていたように、寒さに悩まされることなく過ごすことが出来てほっとしています。とはいえまだまだ寒暖差がある日が続きますので、皆さまもお体にお気をつけください。

私はというと、ひと足先に春を取り入れたくて、きれいな色のハンカチを揃えました。家族それぞれのイニシャルを刺しゅうで入れれば、特別感もひとしお。

リネン生地のざっくりした質感が気持ちよく、生成り色に春を思わせる色がよく映えていてとても気に入っています。あともう少しで桜の季節。外で気持ちよくお花見ができる日が待ち遠しいですね。

ハンカチ マレッル ブルー

春を感じる、淡い色の組み合わせが新鮮。 織りによってつくられた、まるでガーゼの様な優しい手触り。

#1907

春の気配

外に出た瞬間、日差しの中にふわっと春の匂い。土と湿気の混じった匂いの中に、いろんなものが芽吹こうとしている気配をかすかに感じました。

いつもと違う何かを感じた時。その瞬間を逃さないように、お茶やコーヒーを淹れてゆっくり過ごします。そうすることで、過ぎていってしまう時間をほんの少しの間とどめておくことができる気がして。

ハンドドリップは機械で淹れるよりも少しだけ時間がかかりますが、待つ時間も良いもの。コーヒーの香りを楽しみながら、冬が去ろうとしているこのときを味わいたいなと思います。

キッチンクロス ローヌ

細かなネイビーのラインが、大人っぽいアクセントに。 キッチンだけではなく、インテリアにも使いたい1枚です。

冷たい風が吹きすさぶ中、街の花屋さんで色とりどりのラナンキュラスを見つけました。幾重にも重なる花びらが可愛らしく、つぼみの状態から開けば開くほど美しくなっていく、長く楽しめるすてきなお花です。

ところで2月のことを旧暦で「如月」と言いますが、元々は「衣更着(きぬさらぎ)」…寒さのために服を重ねて着ることから来ているそうで、ラナンキュラスが花を咲かせる様子は、春が来るまで重ね着をして寒さをしのぐ私たちと不思議と姿が重なるところがありますね。

フルエプロン サビーヌ フラックス

すっきりとしたシルエットにプリーツの華やかさ。 プリーツのさりげない可愛らしさが嬉しい。

冬がきわまり、暦の上では立春。まだ寒さは退きませんが、梅の香りがほのかに漂い、日がだんだんと伸びてくるさまに春を感じるこの頃です。

そろそろバレンタインデー。日本人にも馴染み深いこの日の由来を調べていて、民衆の愛のために殉教した聖人ウァレンティヌスの記念日であることを今更ながら知りました。

性別や年齢の差関係なく、愛しあう人たちを祝福する日。私は愛する家族へと、それぞれのイニシャル刺繍が入ったハンカチを贈ることにしました。

ハンカチ ラヴァンド

青みがかった薄紫色がなんとも上品。 その名の通り、ラベンダーの色を再現したような優しい色です。