Lino e Lina Staff blog MY LINEN LIFE

立春が過ぎ、春が近づくにつれてだんだんと日が伸びてきました。
今週の東京は3月並みのあたたかな陽気。近所の公園ではネコヤナギがいっせいに芽吹いていました。

ここのところ、ばたばたと忙しい日が続いていたのですが、炊きたての御飯とお味噌汁とお漬物があるだけで気持ちが整うように感じました。
最近は意識して量を減らすようにしていて、腹八分目にすることで身体への負担も減ったような気がします。

お米を炊く時にわたしが気をつけていることは、研ぎ初めの水はすぐに捨てる、2回ほどさっと洗うように研ぐ、炊けたらすぐに釜からはがすようにまぜて、十字の切れ込みを入れる(余分な水分を飛ばすため)。

時間がないときは無洗米でも。節水にもなり、研ぎ汁を流さないことで環境にも優しいのでおすすめですよ。

PILLIVUYT ライスボウル 11.5cm / P183

スタイリッシュでシンプルなライスボウル アジアのレストランのリクエストを受けて製作された、白いシンプルなお茶碗。 縁のないラインが美しい、ヨーロッパとアジアが融合したデザイン。 その名の通りごはんをよそってもいいし、深さがあるのでスープやグラノーラを入れても良さそう。 洋風の米料理にもよく合います。

よそ様の庭先に梅が咲いているのを見かけ、思わず鼻を近づけて、そのかぐわしい香りにうっとりしてしまいました。
節分、立春が過ぎ、バレンタインデー。暖冬のせいか春の訪れはすぐそこまでやってきています。

今年はスコップケーキ作りに挑戦。
キッチンをホイップと粉まみれにして小一時間。
スポンジ生地の上に生クリームを塗ってベリーとドライフルーツを混ぜて、、の繰り返しなので盛り付けが苦手な私でも大丈夫でした。

バレンタインデーの女性から男性へチョコレートを贈るという習慣は日本特有のようで、海外では性別の関係なくお花やプレゼントを渡すことで愛を伝え合ったり、ギフトを交換し合うようですよ。

PILLIVUYT / パティスリー ラウンド フランディッシュ/ 20.8cm / P379

白い磁器製の、可愛いらしいタルト型。 そのままオーブンから食卓に出せる、華のあるデザインです。 縁が少し立ち上がっているので、盛皿として、ソースのかかった料理にもおすすめ。 リムの陰影も美しく、テーブルの上を楽しく演出してくれます。

新しい年になり、早くも1ヶ月が経ちました。
暖冬で平年より温かいとはいえ、冬の寒さはきびしいもの。栄養たっぷりのスープで心も身体も温めて、冬を乗り切りたいですね。

まだロシア圏を旅したことのない私ですが、大好きでよく作る料理がボルシチ。鮮やかな赤い色をしたボルシチは、東欧ウクライナの伝統料理でビート(紅大根)を使用したシチューのような料理です。

たっぷりのサワークリームを溶かし、ディルかパセリをのせたものをハード系のパンと食べるのがとても美味しいのでおすすめです。ビートは最後に入れると美しい赤色になりますよ。

ちなみにリトアニアでは味付けに砂糖、酢を入れ、具材にはキュウリとゆで卵、それに熱々の茹でたジャガイモを添えて、冷製スープとして夏に食べられるようです。

キッチンクロス カロー / K277

大きめのチェック柄が優しい雰囲気 可愛らしいチェック柄が、シックな配色で大人っぽい雰囲気に。 ベーシックカラーがベースにあるので、どんなシーンにも合わせやすい。

子どもの頃を思い返してみると、時間を忘れるほどに夢中になって何かを作っていた事もあったのに、いつの間にかものづくりをしなくなっている事にふと気がつきました。

好きで買いためていたリネンのハギレがたまってきたので、クローゼットにしまい込んでいた手芸セットとミシンを出してきて、なにかを作ってみようかな、、と小一時間。まずは手慣らしでコースターから。次はトートバッグを作ってみようかなと思っています。

はぎれセット 25-30cm角×4枚 / E1

リーノ・エ・リーナ、オリジナルデザイン布のハギレセット リーノ・エ・リーナのオリジナル製品で使っているファブリックのハギレです。 他にはないデザインが嬉しい。 縫い合わせてミニバッグやポーチを作ったり、バッグやお洋服のポケットにしたり。 小さく切って組み合わせて、パッチワークに使っても素敵。 アイデア次第でいろんな使い方が楽しめます。

#2002

朝ごはん

新しい年になると人は何かを始めようと思うもので、私も例にもれず、早起きに挑戦中。続くかどうかはわかりませんが、その効果を早くも感じています。

早寝をするようになったのは勿論のこと、なによりも1日の中に余裕が生まれることが大きいと思いました。
簡単な朝ごはんを楽しんだり、ボーッと今日の仕事についてイメージしたり、、そして慌てることなく家を後にして、余裕を持って会社に着く。

恥ずかしながら前はバタバタして追われるように1日をスタートしていました。始まりをきちんとする事で、1日を丁寧に過ごすことができるような気がします。

キッチンクロス イビサ ブラック / K81

和食器とも合わせやすい、ベーシックなデザイン 細かな格子柄のデザインなので、和食器とも合わせやすいキッチンクロス。 ベーシックカラーの落ち着いた雰囲気も魅力的。

1月は家族や親戚が仲睦ましく過ごすことから睦月(むつき)と呼ばれているとのこと。
令和へと時代が移り、家族のかたちは様々ですが、人々の暮らしは変わっていないことに気づかされます。

令和の由来となった万葉集には、自由に恋をして、想うままに歌と花を贈る人たちがたくさん出てきます。
彼らのようにではないですが、私も今年は周りの人に気軽に花を贈れるようにしたいなと思いました。

テーブルクロスL ニーダ フラックス / T124

濃いめの麻のナチュラルカラー、フラックス色なので、 ダイニングがシックな雰囲気に。やや透け感のある上質のリネンが美しい。

#1949

年越し

年賀状の宛名書きに追われてるさなか、ふと思いました。
あと何日かで2010年代が終わり、2020年代が始まるんだな、と。
まだまだだと思っていた東京オリンピック開催まであと少し。

2019年は年初にやると決めたことができ、とても良い一年を過ごせました。
ジョギングを続ける、語学の勉強を始める、疎遠だった人に会いに行く、などなど。
今年も何事もなく一年を過ごせたことに感謝しています。

あわただしい年の暮れ、皆さまもどうぞお健やかにお過ごしください。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

本年もリーノ・エ・リーナをご愛顧くださり、誠にありがとうございました。皆様も良いお年をお迎えください。

May your holidays be filled with peace, joy and happiness.

Have a happy new year!!



<自由が丘店 年末年始休業期間>
2019年12月27日(金) ~ 2020年1月5日(日)

<オンラインショップ 年末年始休業期間>
2019年12月28日(土) ~ 2020年1月5日(日)

休業期間中のご注文およびお問合わせにつきましては、2020年1月6日(月)以降に順番に対応させていただきます。

#1948

冬至

冬至が近づくにつれ、日に日に陽が短くなってきました。16時頃には西の空は茜色に染まり、瞬く間に薄闇に包まれていきます。

冬至といえば柚子。いつもの鍋に刻んだ柚子の皮をのせたり、絞り汁とはちみつにお湯を注いで飲んだり、余った柚子の皮を湯船に浮かべたり、、

平安時代の医学書にも「精神を聡明にし寿命を延ばす」とあることから、柚子は古来より薬としての効能が知られ、風邪の予防や疲労回復にも効能があるようです。

冬が極まり、ここから夏へと向かっていきます。身体を大事に、無理をしないように冬を乗り切りたいなと思いました。

PILLIVUYT / プリッセ プレート / 17cm / P068

フランス語で「プリーツをつけた」という意味のプリッセ。 その名の通り、リムに入った繊細なラインが、シンプルな料理も表情豊かに見せてくれます。

暦の上では大雪(たいせつ)を過ぎました。山の峰々が雪を被り、動物たちが冬ごもりを始め、そろそろお正月への準備が始まる頃だそう。世間では忘年会シーズン、心なしか帰りの電車が空いているような気がします。

冬の始まりとともにお世話になっているウールブランケットとストールのお手入れを、時々するようにしています。ブラシを寝かせるようにして、ホコリを払うように優しくかけると、繊維が整い光沢が保たれるようで、ストールは使うたびにかけるようにしています。静電気が除去できるものを使うのがポイントですよ。

LHOMÉ / ウールブランケット / ルチアーノ / LH02016

イタリアの高級ブランケットブランドの商品を生産している工場で、 ファブリックからロメオリジナルで作りました。 そのオリジナリティーと品質の良さは、ブランドの顔ともいえるくらいの こだわりのシリーズ。

#1946

師走

カレンダーも残すところあと一枚。近所の公園にはこんもりと落ち葉がつもり、澄み切った冬空の下では親子がするキャッチボールの音が響いていました。

師走になり慌ただしくなりましたが、気負うことなく自分のリズムで過ごせたらいいな、と思っています。毎日の中でお茶やコーヒーを淹れる時間で区切りをつけて、忙しさに流されることがないように。

フルエプロン ネリンガ / A701

フラックス地に細いストライプが上品な「ネリンガ」 ネリンガとはリトアニアのバルト海沿いにある砂丘。 その砂丘にバルト海から吹く風でできる風紋をイメージし デザインされたファブリックが「ネリンガ」です。 大きめのポケットとポケットカバーがデザインのポイントになっています。