Lino e Lina Staff blog MY LINEN LIFE

#1932

残暑

夜中に激しく降った雨は、いつもの朝を少しだけ過ごしやすくしてくれていました。凌ぎ難い夏の中、澄みきった青空の下で聞く蝉の鳴き声や、ふわっと涼しい風に吹かれる一瞬に、夏の美しさを感じられる気がします。

夏も後半となりましたが、厳しい残暑にまだまだ気が抜けません。外に出た途端にブワッと汗が吹き出てきて、屋外での撮影時にはタオルを片手に奮闘しています。

僕はハンカチや手ぬぐいより、断然タオル派。リネンタオルは水分をたくさん吸収してくれるので、一日中使っていても快適ですよ。

フェイスタオル メザンジュ

もともと吸水性と速乾性にすぐれたリネン素材ですが、ワッフル織を施すことで、 その長所が一段とアップしました。 気軽に洗えてすぐに乾くので、とても衛生的。

#1931

入道雲

お盆休みで空いた通勤電車から空を眺めている時に、大きく立ち上る入道雲を見上げながら、海が近い故郷の風景をぼんやりと思い出しました。

週末の東京の街は、盆休みにも関わらず人々で賑わっており、浴衣で歩く人たちも。蝉しぐれも鳴り止まず、正に夏真っ盛りの光景です。

今回のお花はトルコキキヨウ。キキョウと名前がついていますが、キキョウの仲間ではなくリンドウ科とのこと。8月の誕生花としても知られていて、花言葉は「清々しい美しさ」、「希望」、「永遠の愛」。その花言葉から、真っ白なトルコキキョウはブーケとしても使われるようです。

フルエプロン マノン フラックス

身に着けたときの腰にキュッとするフィット感。たっぷり使った生地が後ろで交差し、ヒップを隠してくれるので後姿もスマート。腰から裾に向けて斜めにカットされているので、

#1930

立秋

土用が明けて、暦の上では立秋となりました。日影から日影へと逃げるように歩いても、吹き出てくる汗に、夏の真っ只中にいることを実感します。

相次ぐ熱中症のニュースに、エアコン嫌いなんて言ってる場合ではないと思い、なるべくエアコンに頼る毎日。梅雨明けからの急激な暑さのせいか、周りでは体調を崩す人が増えてきています。

どうやら原因は栄養の偏りと睡眠不足にあるようで、グッタリして帰宅しながらも、なるべく一汁三菜を心がけ、日中は部屋で涼んで身体を休ませるようにしています。

暑い夏はまだまだこれから。無理をせずに乗り切りたいですね。

リネンケット メザンジュ S13

さらっとした肌触りが何とも心地よい、リネンでできたブランケット。 リネンは熱をこもらせないので、夏の寝苦しい夜も快適でぐっすり眠りにつけます。

#1929

夏土用

関東は梅雨明けとともに猛暑の気配となり、天気予報では30度を超える日が連日続くとのこと。

日本では昔から季節の変わり目のこの時期を「夏土用」と呼んでおり、「土仕事をしてはいけない」、「柿の葉を入れた薬草風呂に入る」、「お灸をすえる」など厳しい暑さを乗り越えるための暮らしの知恵が伝わっています。

暑さとともに手強いのが、カンカンと降り注ぐ強い日差し。

熱中症対策にも、ハットは欠かせません。広いつばが便利なリーノエリーナのハットなら、強い日差しからお顔や首元を守ってくれます。

色のバリエーションも豊富で、きっと好きな色が見つかるはず。ちなみにわたしは涼し気なブルーシエルがお気に入りです。

ハット マノン ブルーシエル

すっと爽やかなブルーが目を引く「ブルーシエル」 明るいブルーが表情を優しく柔らかい印象に。 身に着ける人の気持ちまで爽やかにしてくれるカラーです。

#1928

向日葵

記録的な日照量不足により、平均気温を下回る日が続いていましたが、ついに西日本は梅雨明けとのこと。気温もぐっと上がり、東京でもやっと青空を見ることができました。いよいよ本格的な夏が訪れそうです。

外に出ると待ち望んでいた強い日差しが眩しく、目を細めてしまうほど。街のお花屋さんで小輪のひまわりを見かけた時に、そのハッとするような鮮やかな色に心が騒ぎ立てられて、大きな入道雲と高い青空が浮かびました。いくつになっても、夏はワクワクするものですね。

ベルトッツィ フルエプロン ピエノ

ふちを残してブルーにペイントしたデザイン。 ハンドペイントならではの“かすれ” “にじみ” “むら”が愛着を感じさせます。 爽やかなブルーが印象的な、ベルトッツィの中でも人気のシリーズです。

#1927

夏休み

いよいよ子供の夏休みが始まりました。学童があるものの、毎日のお弁当がスタートし、ずしんと重い気持ちもありますが、せっかくの長い夏休みを、親子で楽しく過ごしたいなと思います。

外遊びから帰ってきた子供に、「おかえり」と言ってあげること。おやつらしい“おやつ”を一緒に囲んで、食べること。

家で一緒に過ごせる日は、働いていると普段できないことを、少しでも大切に、一緒にしたいと思います。

今日のおやつは、昨日仕事帰りに買った、自由が丘のチャルダというお菓子。

見た目も可愛らしいイタリアのお菓子です。素朴な味がほっこり優しい美味しさでした。

キッチンクロス ブシュロン

リネンは水分が繊維の奥まで入り込まないので、汚れがつきにくい上に乾きやすく、とても衛生的です。 また、繊維の性質上、毛羽立ちが少なく、グラスや食器を拭くととても綺麗になります。

#1926

心弾む色

東京では小暑を過ぎたにもかかわらず、涼しい日が続いています。梅雨のおかげで庭の植物たちが生き生きと伸びてきて、今にも私の背丈を越してしまいそう。

曇りがちの日が続くからか、身に付けるものに色を求めたくなるこの頃。今の気分は鮮やかなイエロー。心が弾んで、楽しい気分にさせてくれる大好きな色です。

活発、幸福、華やか、などのポジティブなイメージを持つイエロー。人に明るい印象を与えたいとき、バッグなどの小物ならワンポイントとして取り入れられるのでおすすめですよ。

バッグマノン ミモザ

45㎝×45㎝の正方形のシンプルなフォルムが格好良く、カラーも映えます。 肩から掛けたり、折りたたんで持ち運べるのも嬉しいポイント。

#1925

夏の足音

くちなしの花が香る季節となりました。笹の葉にかけられた、色とりどりの願い事。沖縄では梅雨明け宣言、かすかに蝉の声も聞こえてくる時も…。夏の足音が近づいてきました。

庭の一角に生い茂ったミントを摘み、レモネードならぬライムネードを入れてグラスを揺らせば氷の音が涼しく、手に滴る水の冷たさがひとときの清涼感をもたらしてくれます。

クエン酸たっぷりのレモネードはミネラルの吸収を助けてくれるので、熱中症対策にも効果的。シロップを作っておけば、お酒や紅茶、料理にも使えるのでおすすめです。

BOHEMIA Cristal ファウンテン / ワインタンブラー

ワインはもちろん、ビールやアイスコーヒーを入れても格好良く決まります。 ゼリーなどちょっとしたデザートを盛り付けても。 どっしりしたステムは、手に馴染み持ちやすいのも魅力です

#1924

空梅雨

2019年も、はや半分が過ぎようとし、時の速さを感じるこの頃です。今年は空梅雨なのでしょうか。天気が良い日が多く、日に日に増していく暑さと湿気で体は少し疲れ気味。

外から帰ってきた娘と横になってウトウトしていると、どこか遠くの方で盆踊りの練習をしているのか、お囃子の音が。音に耳を傾けていたらいつのまにか眠ってしまったようで、体がすっと軽くなっていました。

我が家で愛用しているリネンケットの好きなところは、通気性の良さ。エアコンをつけていてもこれにくるまっていれば冷気を防ぐとともに熱もこもりません。家族の寝顔を見ているとどうやら心地よく眠れているようで、私も安心です。

リネンケット メザンジュ / S13

さらっとした肌触りが何とも心地よい、リネンでできたブランケット。 リネンは熱をこもらせないので、夏の寝苦しい夜も快適でぐっすり眠りにつけます。

#1923

紫陽花

週末の東京は梅雨の中休み。抜けるような高い青空と、強い日差しはまるで夏のようで、しとしと雨が続く中、太陽のありがたみを感じました。

梅雨も半ばとなり、紫陽花が見頃となりました。曇りの日が多くとも、道端で色とりどりの紫陽花を見ると元気が出てきます。

紫陽花は、日本の古典「万葉集」にも記されているほど、日本人に長く親しまれてきた花。梅雨が空けるまでの短い間ですが、その愛らしくも華やかな姿を楽しみたいですね。

フルエプロン ミラ アクアブルー/スプリンググリーン

シンプルでありながら、女性らしい「ミラ」 すっきりとしたデザインで、細身の胸当てと首もとの曲線が女性らしく美しい。 首紐とポケットのタグがアクセントとして全体を引き締めます。