Lino e Lina Staff blog MY LINEN LIFE

暑い日が続きます。私はあまりエアコンの風が好きではないので、なるべく夏でも扇風機とサーキュレーターを駆使して乗り切っています。

でも実は一番困るのは、6月の梅雨時期。長雨で洗濯物を外に干せない上、乾かない。この時期になるといつも、リネンの速乾性の良さを実感します。部屋干しでもほんの数時間で乾いてくれて、匂いも残らず本当に快適。梅雨時期こそ、皆さんにリネンを試してほしいなと思います。

ここでリネンのお洗濯時のワンポイント!大判タオルやお洋服など、しわをとりたいなという時は、あえて脱水時間を短くします。すると、水を多めに含んだ布地の重みで、乾いた時には自然にしわがとれています!速乾性があるので、短めの脱水でもさっと乾いてしまうので、安心です。

ハンドタオル トランザット

ワッフル織のトランザットは、リネン100%とは思えない柔らかな肌触り。 心地よい手触りは上質感に溢れていて、ギフトとしてもおすすめ。

リーノ・エ・リーナのカラフルなエプロンをみていると、ウキウキしてくるので、つい、着けたくなってしまう。お気に入りのエプロンに見合う料理の腕を身につけたいと思い、この春から、料理教室に通い始めました。

初めての試みにドキドキしながら、バッグにエプロンやハンドタオル、ノートなど、必要なものを一通り入れて、準備万端。

おけいこバッグには、軽くてかさばらないリネンを選びました。教室が終わった後、エプロンとバッグをまとめて洗濯機にぽんと入れてざぶざぶ洗えるのも、すっきり嬉しい。負担を感じず、楽しく通えるコツかもしれません。

バッグ リーニュ アン

A4サイズのものも入るので、使いやすいとても便利な大きさです。 肩から掛けたり、折りたたんで持ち運べるのも嬉しいポイント。お買い物やお稽古事、通勤や通学のサブバッグとしてもおすすめです。

私は春からではないですが、1月から全く新しい環境で働いており、全く違う環境で、負担と思っていなくても、なんだか疲れが取れにくいなと感じることがありました。

そんなとき、ほっこり癒されたのが、家族と食べた春野菜の料理。新玉ねぎとキャベツをハーブと一緒にスープにしたり、そら豆を蒸したりと、この時期にしかない味わいを家族と楽しむことで、肩の力がすっと抜けていくのを感じました。

一日の限られた時間の中でも大切な人と好きなことを楽しむこと、旬の栄養をしっかり摂ることで、日々リフレッシュできている気がします。

キッチンクロス バニエール

太めの糸で織られているので、しっとりとした柔らかな風合い。

#1716

朝の時間

5月の連休は、実家の岩手に帰省していました。
早朝の小岩井農場、朝もやの新緑の中で感じたことは、どこか凛とした、おろしたての空気感のある、朝の時間の大切さ。

そこで、東京に戻って「朝活」を始めてみました。一人暮らしだと時間管理が難しくなりがちで、私はずっと夜型でした。

朝起きるコツは、目覚ましを「起きたい時間にかける」ことと、起きてから5分以内のルーティンを決めることだそうです。

朝起きて、顔を洗って歯を磨く。キッチンに行ってコップ一杯のミルクを飲む。それだけで、毎日が清々しく変わっていくのを感じています。

キッチンクロス プレザンス

ネイビーに細いラインが映える、スタイリッシュな雰囲気が魅力。 サイドのカラーもデザインのアクセントに。

リーノ・エ・リーナには、母の日の贈り物に喜んでいただけるアイテムが豊富に揃っています。その中でも人気なのが、やっぱりエプロン。

ベーシックなフォルムのものから、締め付け感なくすっぽり被って着られる楽ちんエプロンまで。いろんなデザインが揃っているので、お母さまの年齢や体型を考えて選べるのが嬉しいところ。

使い勝手を考えるとナチュラルな色味を選びがちですが、せっかくの「母の日」なので、お母さまが思わず笑顔になるような、印象的なカラーを選んでみてはいかがでしょうか。

現在リーノ・エ・リーナでは、税込5,400円以上のご注文で、母の日オリジナルギフトラッピングが無料になります!

エプロンだけでなく、ハットやショール、キッチン小物など、気軽に普段使いのできる素敵なアイテムもたくさん。この機会にぜひ、リーノ・エ・リーナのオンラインショップをのぞいてみてください。

フルエプロン カリーナ プラム

洗いにかけた柔らかなリネンが体にしなやかにフィット。たっぷり使った生地が後ろで交差し、ヒップを隠してくれるので後姿もスマート。腰から裾に向けて斜めにカットされているので、足さばきも軽やか。