Lino e Lina Staff blog MY LINEN LIFE

幼稚園や保育園の入園準備に忙しい時期になりました。毎日使うものだから、使いやすいことが一番ですが、子どもが感性を育む時期でもあるので、感覚や記憶に少しでも訴えるものであったら良いなと思います。

私は、子どもの保育園での手拭きタオルに、マノンのキッチンクロスを使っています。正方形をしていて、ストラップもついている上、とても厚手なので、手拭きタオルにぴったりなんです!

子どもが“楽しい”と感じてくれるような、華やかなカラーも嬉しいポイント。ワンポイントに、ワッペンをつけてあげるだけで、子どもも、とても喜んでいます。

キッチンクロス マノン ミモザ

45×45cmというサイズも魅力的。
華やかながら、品の良い黄色が人気のカラーです。

大ざっぱな夫と私の2人が暮らす我が家。片づけについて毎回きっちりルールを決めても、1か月経たないうちに元の状態に戻ってしまいます。

そんな我が家では、ざっくりとした収納にキッチンクロスが大活躍。薬、化粧品…と何を入れるかだけを決めたかごやボックスに、さっとクロスをかぶせるだけで、ごちゃごちゃした感じがなくなります。これなら旦那さんも続けられる様子。クロスを変えるだけで、部屋の模様替えにもなるのでとても便利です。

キッチンクロス シレーヌ

綺麗な配色がはっと目を惹くキッチンクロス。 存在感があるので、テーブルコーディネートにも。

2月になり、少しづつですが日も延びて、春が待ち遠しく感じます。Lino e Linaでも、お待ち兼ねの新作がついに出ました!

今回は、深海ブルーをテーマに、キッチン、インテリアのアイテムからお洋服まで、たくさんの新作が登場します。オンラインショップでも、随時アップしてまいりますので、これからどうぞお楽しみに!

フルエプロン マノン ミノルカブルー

シンプルでスタイルがよく見える大人気のエプロン。
柔らかなリネンが体にしなやかにフィット。

キッチンクロス マノン ミノルカブルー

45×45cmというサイズも魅力的。
おにぎりやお弁当を包んだりと何かと重宝するのです。

#1703

節分

季節の分かれ目は、邪気が入りやすいことから始まった、“豆まき”。私は東京で育ったので、父がいつもつくる柊鰯と豆まきが、我が家の節分でした。地域によって様々な習慣があるようで、今では誰もが知っている太巻きや、場所によっては、こんにゃくや蕎麦、くじらなどを食べるところもあるそうです。

フランス人のスタッフと節分の話をしていて、知ったこと。なんと、フランスにも節分があるそうです!!フランスでは、毎年2月2日がシャンドルール(Chandeleur)という、日本でいう節分に似た日で、この日は家族の幸せを願いながら、クレープを食べるそうです!

地域の習慣を大切にしながらも、風習や伝統にこだわりすぎずに、ご家族で、“無病息災”を願うことが、何より大切なことのように思います。

キッチンクロス マノン ブルーパヴォーネ/ミモザ

深いブルーが印象的なキッチンクロス。便利なストラップ付きです。