Lino e Lina Staff blog MY LINEN LIFE

今年のクリスマスは3連休だったという方も多いのではないでしょうか?楽しいクリスマスが終わると、一気に年末モードに。

大掃除をして、新年に向けて新調したいものを揃えていくのは、大変だけど、楽しい時間。新しい年に変わるこのタイミングで、キッチンクロスやエプロンを買い替えるお客さまもとても多いです。1年365日、お休みがない“家しごと”だからこそ、お気に入りのキッチンアイテムで、楽しい気持ちにしていきたいもの。何枚あっても困らない定番のキッチンクロスは、お年賀としても人気です。

キッチンクロス

一度水に通したwashedタイプとほどよい張り感が楽しめるnon washedタイプからお選びいただけます。

ヨーロッパのクリスマスは、家族で楽しむもの。家族といってもひと家族ではなく、親戚が入れ替わり立ち代わり訪ねて来て、時には数日に渡ってクリスマスを楽しみます。そんな人が集まる食卓に欠かせないのが、クリスマス柄のテーブルクロス。

実はヨーロッパでは、特別な日でなくてもテーブルクロスを使うのですが、小さな子供たちがどんどん汚すのも構わず、毎食のように新しいテーブルクロスを敷きます。普段使っていないのなら、人を家に招くときに是非試して頂きたいです。いつもの料理を並べても、テーブルクロスを1枚敷くだけで訪れた人が笑顔になります。

ベルトッツィ テーブルクロス フィオッキ

雪の結晶のモチーフが、冬を楽しくしてくれるテーブルクロス。

冬晴れの心地良い日でも、夜になるとぐっと冷え込むので注意が必要です。エアコンで部屋を暖めても、足元はどうしても冷えるもの。そんなときにおすすめなのが、ウール素材のブランケットです。1枚あるだけで本当に暖かいので、冬場はかならず、私はリビングに1枚常備させています。

ロメ(LHOMÉ)のブランケットは、上質なウール100%の滑らかな肌触りなので、子どもにも安心。使わない時は、ソファにさっとかければ、インテリアのアクセントにもなります。

クリスマスや帰省のシーズンは、ご両親への贈り物に選ばれる方も多いです。

ブランケット ルチアーノ 130×190cm

シックなデザインが格好良い。羊の毛そのままのナチュラルな色合いを活かした、淡いチェック模様。